「本を作りたい」そう考えたことがある方は多くても、「実際に作ろう」とする方はそう多くはないのではないでしょうか。

とある知り合いは、執筆業を副業にしたいと言いつつもなかなか踏み出せず、二の足を踏んでいる最中であるといいます。いざ、筆を走らせてみると、書きたい事柄が個人的な事であればあるほど、躊躇してしまうものなのだとか。

覆面ライターとして、副業執筆活動を行えば良いという考えもありますが、どこで本業のクライアント関連者や、上司に伝わるか分かりません。そういった人間関係のリスクを考えると、単なる副業に、個人的なネタを執筆する事は、デメリットな気がしてきたんだとか。

会社勤めでも副業が解禁される傾向にあるからこそ、会社バレは気を付けるべきかもしれませんね。

ちなみに最近のビジネス書や実用書の人気テーマとしては、下記のようなネタが好まれるようです。

・収入アップ

・結婚、恋愛

・勉強法

・時間術

・開運

・自己啓発

・料理レシピ

・フィットネス

・スピリチュアル

など。

私自身、日常会話においてもネタが豊富な方ではないので、一冊の「本」として書き上げられるような事柄と言えば、やはり、自分自身の失敗談・経験談になる気がします。

つまり今までの失敗・経験に支えられて、本作りができているのです。今のところはお陰さまで生きてきた数十年の歳月の中で、家庭円満に、経済もそこそこ安定しながら、充実した毎日を過ごす事が出来ています。日々の経験から、また新しく本を書くことになるでしょう。

このサイトは、長年本業の傍らで行う自費出版で細々とお小遣い(雀の涙程度ですが)を稼ぐ私が、自費出版に関しての「HOW TO」をまとめていくサイトです。

ritaの自費出版講座 のtopへ