「が」に代表される逆説を伴った文は、往々にして長い文になります。文法上誤っているわけではなくても、読者にとって読み辛くなることがあります。その場合は、逆説の前後を思い切って2文に分けるのも選択肢です。つまり2文目の先頭に逆説の接続詞を用いることで、誰でも楽に読めるようになるというわけです。

もちろん堅い文章であれば、分け過ぎると却って稚拙な印象を与えることにもなりますから、内容、読者層に応じた配慮を心掛けるようにしましょう。

また、口語でよく用いる言葉に関しては、文語としての用法に従った方が無難です。例えば、「是非」という副詞は、会話の場合、先頭で発語してから延々と他の言葉が連ねられ、最後に「~ください」で締めくくるケースが見受けられます。しかし本来「是非」は「~」を修飾するものであり、文章の中では近くに位置付けた方が読み取り易くなります。

それから、文章を書く上で基本中の基本として知られているのが、「同じ言葉を繰り返さない」というルールです。回避方法としては、別の言葉に置き換えたり、思い切ってその言葉の数を減らしたりする方法があります。

ところで文章術はこうした細かなルールだけでなく、俯瞰的な視座で良くする方法もあります。例えば「堅い文体を控える」というのも、立派な文章術の一つです。

ritaの自費出版講座 のtopへ