本を出すことについて、私なりに探ってみたいと思います。出版社にて、「本」の出版をお願いする時には、出版社の編集者に自分の作品を、気に入られる事が重要な事のようです。もし、原稿を書き上げていない状況で、企画やテーマなどのイメージが浮かんでいるだけの段階であれば、明確に相手に、出版の趣旨を伝えられるようでなくてはならないようです。まず、このように、出版社を尋ねて編集者に出版をお願いするまでのアポイントを取る事自体が、かなりの難関な問題のようで、出版業界にコネクションなどがあるのであれば、そのルートを使って、アクションを起こす事ができるようなのですが、素人作家が、出版社に原稿や企画を持ち込んで、すんなり面会できるような編集者さんは、ほぼ皆無であると考えて作戦を練った方が良いようです。出版社を通さず、自費出版という道もあるようなのですが、なかなか予算という名の茨の道を突き進まなくてはならないようで、最近では、出版エージェントと呼ばれるような人々を介して、出版社へアプローチする方法もあるようなので、いったいどのような方法が自分の「本」の出版に適しているのかをさらに深く探ってみたいと思います。

カテゴリー: Blog